登記簿はいわば、「物件の履歴書」なのです。なお、登記簿には、過去の所有者などがすべて載っている「全部事項証明書」と、現在も生きている権利関係のみが載っている「現在事項証明書」、閲覧に代わる要約書があります。目当てはもちろん、現在事項証明書です。登記簿は土地の様式と建物の様式の2種類があり、それぞれに、表題部、甲区、乙区の部分に分かれています。表題部は、その土地・建物を特定するための情報が記載されています。たとえば土地の場合は、所在・地番・地目(土地の種類)・地積(土地の面積)・登記原因及びその日付・登記の日付など。建物の場合は、所在・家屋番号・種類・構造・床面積・登記原因及びその日付・登記の日付などです。甲区の記載事項は、所有権に関することです。所有権の移転(日付・原因・所有者)が順を追って記載されています。最後に記載されているのが、現在の所有者であり、売り主本人ということになります。しかし、時には登記簿に記載されている登記名義人と売り主が異なることもあります。本来は所有者と売り主が異なるはずはないので、要注意です。普通は所有者でない人が、その所有物を売ることはないわけですから。もっとも、時には所有者と売り主の間でその土地あるいは建物の売買契約が結ばれていて、登記簿にはまだ記載されていないこともあります。そんなときは、登記名義人と売り主の問で交わされた売買契約書を確認しましょう。乙区には、所有権以外の権利関係が記載されています。その物件がローンの担保になっていれば、抵当権設定の旨が記載されています。抵当権が設定されているというのは、所有者の債務が残っているということですから、のちのちトラブルのもとになります。もしその物件を買えば、債務付きの物件を購入することになります。場合によっては、債務を肩代わりしなければならなくなったり、あるいは住宅ローンを借りるときの担保価値が下がってしまいます。購入するまでに、売り主に抵当権を抹消してもらうことが必要です。そのほか、不動産賃借権(土地・建物などの不動産を貸したり借りたりできる権利)、地上権(他人の土地に建築物や樹木などを有することにより、その土地を使用できる権利)、地役権(自分の土地まで通行したり水を引いたりするために他人の土地に有する権利)などの権利もあります。また、登記簿を確かめると同時に、物件の位置や形を確認するために、「公図」も閲覧しておきましょう。